本文へ移動

ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

藤城清治 光の世界メルヘン展

2021-09-11
福井市美術館で開催されている、藤城清治 光の世界メルヘン展に行ってきました。
福井新聞でも何度も広告記事が掲載されていて、そこに載っている絵がとても綺麗だったので、一度行ってみようと思っていながらも、閉幕間近になってしまいました。

暗い館内に光を通して展示されている数々の絵は、いずれも吸い込まれるような綺麗な色彩を放っていて、圧倒されました。

小さいころにNHKでよく見かけたお馴染みの絵がいくつも飾られていて、それらが目の前で光に透かされて輝いています。どうやったらこんな絵が描けるのだろうと終始見入ってしまいました。

そのほか印象に残った点として、やはり戦争を経験されている世代の方なので、実体験も反映した反戦・平和へのメッセージを込めた絵がいくつかあり、これもとても貴重な絵で、ずっと残していってほしいと思いました。

本当に素敵な時間でした。前回に福井で開催されたときに当時の福井市美術館の最多入場記録を更新したそうですが、納得です。

何度でも見に来たいと思いながら会場を後にしました。
また次の機会があれば是非いきたいと思います。

新年明けましておめでとうございます。

2021-01-04
新年あけましておめでとうございます。
昨年は世界中が想像もしない事態となり、これまで見たこともないような光景が日本のみならず世界のあちこちで広がった一年でした。
先月もコロナ一色、今月も、また次の月も、、、というように、同じニュースが延々と繰り返される感じで、個人的には今までのどの年よりも年末が早く来たような印象でした。
しかも今もなお先は見通せず、いつ頃どのように情勢が変わっていくのかもわからないですね。

それでも、先日 新聞で山中伸弥教授がコロナウイルスとの闘いについてコメントされている記事が載っていましたが、人類は必ずこのウイルスを克服するというメッセージが発信されていて、なんだかとても気持ちが上向きました。

気持ちだけはこうして前を向かなければいけないですね。

皆様もお身体に気を付けてよい一年になりますように。

空き家セミナー

2020-02-22
先日、越前町による空き家セミナーというのがありまして、その講師に行ってきました。
 
講義時間は30分ほどでしたが、あちこちで問題となっている空き家のことについて、その現状や、空き家に関する行政の施策を紹介したり、空き家になるきっかけとして多くあげられる相続問題についての話をしました。
 
人口減少、高齢化、単身世帯の増加など、全国的に、空き家は今後も増えていく一方でしょう。
 
自分の住んでいるところを見渡しても、20年後、どうなっているのだろう、と真剣に思います。
 
先日の新聞にも載っていましたが、空き家率の高い市町村では、なんと40%近くにものぼります。
地域的な要素もあるとはいえ、これだけ高い空き家率だと、右も左も空き家、なんていう状況も大袈裟な表現ではないでしょう。
 
空き家問題が騒がれているものの、急に改善できる問題でもないわけで、地域全体が空き家に対する意識をもっと高めないと、右も左も空き家、となってからではどうしようもないでしょう。
 
講師をしながら、数十年後の社会がどうなっているのか、真剣に考えさせられます。
 

新年あけましておめでとうございます。

2020-01-04
新年あけましておめでとうございます。
 
2000年問題だとか、ミレニアムだとか騒いでいたのは そんなに前のことでもないように思うのですが、なんと早くも2020年。
あれから20年も過ぎたのですね。。。
 
小さいころに、祖母が 昔のことをそんなに昔のことでもないように話していたのが、近年は実感をもって思い出されます^^;
 
一年一年を比較してみるとそう大きく変わってもいないようで、2000年といまを比べてみると ほんとに大きく変わっていることはたくさんたくさんあります。
 
自分が身を置いているこの業界のことだって、20年前には思いもしなかったような法制度になっていたりします。
 
今年は民法の大改正も施行されます。そうそう簡単にコンピュータのように頭のなかは切り替わらないのですが、社会は変わっているのだからなんとかして切り替えないといけない。
僕にとっては2000年問題よりも今年、2020年問題のほうが大変かもしれません。いえ、これからもまだまだ変わりそうな法制度がいっぱいあり、毎年問題だ。。
 
今年も精一杯進んでいくしかないですね。
どうぞよろしくお願いいたします。

成年後見講座に講師として参加してきました

2019-12-21
12月16日の月曜に、福井県社会福祉協議会による成年後見講座の実践編 「申立て書類の作成」の講座の講師を担当してまいりました。
 
昨年度も同様の講座の講師を担当させていただいたのですが、今年は昨年よりもさらに参加人数が多く、当初予定していた部屋を変更しての実施となりました。
 
この、成年後見講座は、入門編と実践編があり、私は実践編のうちの1コマを担当させていただいて、それが上記の「申立て書類の作成」という講座になります。
 
成年後見制度に関心のある一般の方や、福祉関係者の方、行政関係者の方、金融機関の方など、100名くらいの方が参加されていました。
 
昨年から今年にかけて、申立てにかかわる部分ではいくつか変更になった点などもあり、そういった内容も話のなかに含めて講義をしました。
 
うまく理解していただけたかどうか^^;というところもありますが、、
 
この講座は、他のコマでも専門職や裁判所の方などが講師になって、成年後見制度に関わる様々な点について講義するもので、成年後見制度に興味のある方にはたいへんよいものだと思います。
 
また来年も実施される?のかどうかわかりませんが、実施された場合は是非参加されてみてください。
TOPへ戻る